草津宿街道交流館
史跡草津宿本陣
ホーム
浮世絵双六
草津宿学問所
利用案内
草津宿、本陣について
江戸時代の街道
こどもページ
会員制度のご案内
グループ・団体の皆様へ
学校関係者の皆様へ
宿場日和(草津宿だより)
お問い合わせ
*
ホーム こどもページ
こどもページ

江戸時代えどじだいって ?

慶長けいちょう8ねん(1603)に、 徳川家康とくがわいえやす江戸えど(いま東京とうきょう)に幕府ばくふ(政治せいじおこな機関きかん)をひらき、明治時代めいじじだいむかえるまでのやく260年間ねんかん江戸時代えどじだいびます。

街道かいどうって ?

徳川家康とくがわいえやすが、全国ぜんこくおさめるために、江戸えど各地方かくちほうむす道路どうろ整備せいびしました。なかでもとく重要じゅうようみちを「五街道ごかいどう」とんでいました。江戸えど京都きょうとむすぶ「東海道とうかいどう」、東海道とうかいどうには危険きけん個所かしょおおいので、そのわりのみちとしてつくられた「中山道なかせんどう」、江戸幕府えどばくふひらいた徳川家康とくがわいえやすまつ日光東照宮にっこうとうしょうぐうとの往復おうふく利用りようした「日光道中にっこうどうちゅう」、江戸えどてきめてきたとき将軍しょうぐん甲州こうしゅう(いま山梨県やまなしけんなど)へげるための避難経路ひなんけいろであった「甲州道中こうしゅうどうちゅう」、東北地方とうほくちほうへのみちとして整備せいびされた「奥州道中おうしゅうどうちゅう」の5つです。
 地図ちずてみよう!!! 五街道 ごかいどう のマップPDF】

宿場町しゅくばまちって ?

それぞれの街道かいどうもうけられている、本陣ほんじん旅籠はたご(旅館りょかんのこと)などがあつまったまちのことをいます。また、幕府ばくふ荷物にもつ手紙てがみを、つぎ宿場しゅくばへとじゅんおくぐためのひとうまつね準備じゅんびされていました。 ここ草津宿くさつじゅく東海道とうかいどう中山道なかせんどう合流点ごうりゅうてんにあたり、江戸えど京都きょうと大坂おおさか(大阪 )のあいだ するひと荷物にもつあつまっていたため、にぎわっていた宿場町しゅくばまちです。

本陣ほんじんって ?

本陣ほんじんは、幕府ばくふ役人やくにん公家くげなどが宿泊しゅくはくしたり、休憩きゅうけいをとるための施設しせつです。 草津宿本陣 くさつじゅくほんじんは、寛永かんえい12ねん(1635)から本陣ほんじんとしての役割やくわりたしていました。そして現存げんぞんする本陣ほんじんなかでは日本最大級にほんさいだいきゅう規模きぼほこります。

◇◆◇史跡草津宿本陣 しせきくさつじゅくほんじん 草津宿街道交流館 くさつじゅくかいどうこうりゅうかんでは◇◆◇

両館りょうかんではワークシートを用意よういしています。たのしみながら見学けんがくしてください。本陣ほんじん街道交流館かいどうこうりゅうかんについてもっとよくかるよ!
*

このページのトップへ